40代、50代の再就職に有利な資格|リフレクソロジースクール・専門学校 日本リフレクソロジスト養成学院REFLE(リフレ)

  • 東京校
  • 大阪校
  • 東京校・大阪校舎 アクセス
  • イベント開催中
  • 公式 Facebook
  • 公式 Facebook
  • 高齢者ケアへのアプローチ

 REFLEコラム

~50代から始める~ 再就職の仕方

40代、50代の再就職に有利な資格

50代で再就職をする場合、一番のネックとなるのは「年齢」です。中高年の再就職では、履歴書を送付したときに、年齢で不採用とされるケースも少なくありません。少しでも有利に就職活動をするために、資格を取得し即戦力となれる人材を目指しても良いでしょう。
そこで今回は、40~50代の再就職で有利に働く資格について考えていきたいと思います。

img

◆40代、50代からの就職を成功させるポイントは?

中高年の就職活動でライバルとなるのは、同年代よりも年下の世代の人達でしょう。この世代には「若さ」という武器がありますが、中高年には「専門性」や「経歴、実績」といった強力な武器があります。
しかし、40代、50代ともなると書類審査で落とされることが多くなることから、自分の能力に自信を失ってしまうケースも少なくないようです。

そこでおすすめしたいのが、「周囲の人から自分のことをしっかり評価して貰う」ということです。家族や仲の良い同僚などにありのままの自分を評価してもらい、長所や言われて嬉しかったことをメモに残してみて下さい。そこで、長所を客観的に確認できれば、履歴書や職務経歴書に書くべき強みが明確になりますし、転職活動で失いがちな自信を取り戻すことができます。

また、エグゼクティブ向けの求人を扱う転職サイトなどであれば、年齢が若い人材よりも、中高年を求める案件が多く揃っていることもあります。中高年は、今までの社会人経験や人生経験を活かして、社員達のよき指導者となってくれる可能性が高いことが理由としてあるようです。ぜひ、小まめにチェックしてみてください。

◆40代、50代再就職の実情

近年までは、一つの職場で社員生命を全うするのが一般的とされてきましたが、大手企業などでも経営不振によるリストラなどが相次ぐ昨今では、その状況は大きく変化したと言っていいでしょう。
若年層に比べて一つの職場にとどまらず、資格取得や専門的なスキル磨きを優先し、ステップアップが必要だと考えてきた中高年層は少ないと言います。

中高年層には「経験」、「実力」があるにも関わらず、企業側は若手の「資格」、「専門知識」を持つ人材を積極的に取ろうとしているのが実情です。特にITの進展が著しく、その変化についていけない中高年層も多く、50代の再就職の場合、健康や体力が重視されるほか、資格や専門知識が武器となるでしょう。

◆再就職先の探し方

転職経験がない方は再就職探しに困難を極める方が多く、若い頃からハローワークに通っているような方の方が仕事探しのコツに長けていると言われています。まずは焦らず、基本的な履歴書の書き方やハローワークの利用方などから熟知することを心がけましょう。

再就職探しは、ハローワークの他、最近では中高年層・シニア層のための就業相談、職業紹介、就職支援講習などを提供するサービスも増えています。
どこで探したらいいかわからない……という方は、まずはそういったサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

◆40代、50代の再就職に役立つ資格とは

再就職のために資格を取得される方は多くいると思います。
資格を取得すれば、その資格を活かせる業界で即戦力として働くことができるかもしれません。まずは自分が目指す業界で活かせる資格を見つけてみましょう。

宅建(宅地建物取引士)

宅建とは、不動産の売買のためのスケジュール、資金計画、法律などの点からアドバイスをする上で必要な国家資格です。
不動産会社の中には、この資格保有者が優遇される所もあります。

ファイナンシャルプランナー(FP)

FPの資格は、税金や保険、年金などの知識をもとに、お客様の希望を叶えるお手伝いをする上で必要な資格です。
銀行関連や保険関連の企業への転職を希望する方におすすめです。企業では即戦力として資格を活かすことができますし、独立開業する道もあります。

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修の資格は、在宅や施設で介護の業務に従事する人が、介護の基礎的知識と実践を学ぶための資格です。
各都道府県が指定した介護福祉系の学部・学科を持つ大学、専門学校などで行っている、講座と演習を受講することで取得できます。
少子高齢化社会が進む日本において、介護関連企業は今後も安定した需要を保ち、求人数も一定数確保されることが予想されています。それだけに、持っておくと安心できる資格と言えるでしょう。

フォークリフト運転士

工場や倉庫、大型のホームセンターなどでフォークリフトを使って物を扱う、フォークリフト運転技能士。昭和47年までは車両系建設機械に含まれていましたが、事故が多発したことを受け、独立した国家資格となりました。
荷重量によって内容が異なりますが、各地の指定教習機関で学科と実技の試験を受け、合格すれば取得できます。運送会社や製造業などへの就職が有利になり、有資格者は資格手当が出るなど、優遇される資格だと言えるでしょう。

第二種電気工事士

ビルや住宅の電気設備を設置するのが第二種電気工事士です。第二種電気工事士の有資格者は、一般住宅や店舗などで、600ボルト以下で受電する設備の工事に従事することができます。具体的には、電気の配線を行ったりアース施行などを行う仕事となります。
この資格を取得しておけば、電気工事の会社へ就職しやすく、場合によっては業務経験がなくても採用されることもあるようです。

リラクゼーション関連資格

ストレスフルな日本において、リラクゼーション関連の職種は注目を集めており、需要も伸びています。そのため、オイルマッサージやリフレクソロジー、アロマテラピーなどの資格は、今後も就職に役立つと考えられます。特にリフレクソロジーは、足の裏という特定の部位に施術をするため、あまり体力を必要とせず50代からでも資格取得が可能です。
中には、子供が全員自立したため、家族以外の人の役に立ちたいと思いリフレクソロジーの資格を習得する方もいるようです。

シニア向けの講座を開設しているリフレクソロジースクールもあり、中にはマンツーマンの指導をしてくれる所もあるため安心して学ぶことができます。
50代から始める再就職を少しでも有利にするために、色々情報を集めてみると良いのではないでしょうか。

REFLEコラム一覧へ戻る