産後の体型戻しはいつから始める?|リフレクソロジースクール・専門学校 日本リフレクソロジスト養成学院REFLE(リフレ)

  • 東京校
  • 大阪校
  • 東京校・大阪校舎 アクセス
  • イベント開催中
  • 公式 Twitter
  • 公式 インスタグラム
  • 公式 Facebook

 REFLEコラム

健康・癒しのお仕事の探し方

産後の体型戻しはいつから始める?

子育てをしていると毎日が忙しくて、ついつい自分のことは後回しになってしまいがちではないでしょうか。独身時代の体型に戻りたい!とは思いつつも、なかなか体型が戻らないという女性も多いはずです。
ここでは産後の体型戻しについて、スタートの時期やその方法などを紹介していきます。

img

◆産後太りの原因について

出産後に太りやすい原因のひとつに、体全体に流動性の脂肪が付くことが挙げられます。流動性脂肪とは、女性ホルモンによる特殊な脂肪のこと。出産前は、赤ちゃんを守ろうとするために、お腹回りを中心にたっぷりと脂肪を付けようとすることで、この流動性脂肪が付きやすくなるのです。ただし、流動性脂肪は、水分を多く含んでいるので、比較的落としやすい脂肪だと言われています。

ほかに、産後太りの原因として考えられるものに、骨盤の歪みがあります。赤ちゃんは産道を通って産まれてきますが、出産の準備が始まると、リラキシンというホルモンが分泌され、赤ちゃんが産道を通りやすいよう、骨盤が緩みやすくなっています。そして、骨盤が緩んでしまうと、骨盤本来の内臓を守る働きが薄れ、皮下脂肪がその働きを補おうとするため、下腹部に脂肪が付きやすくなってしまうのです。

◆体型戻しはいつから始めるの?

出産によって崩れてしまった体型を戻すのは、いつから始めれば良いのでしょうか?
妊娠中の脂肪は水分を多く含んでいて燃焼しやすいという特徴があるため、妊娠中に付いた脂肪は、産後6カ月間が最も落ちやすいと言われています。
その脂肪も時間の経過と共に、通常の落ちにくい脂肪へと変わっていくため、できるだけ早い段階で落としてしまうと良いでしょう。

しかし、出産を経た女性の身体はさまざまな負担を受けているため、産後すぐにダイエットをスタートするわけにはいきません。身体のダメージをしっかりと癒すためにも産後1カ月はゆったりと安静に過ごすように心掛けましょう。

また、自宅で簡単にできる産後ダイエット方法のひとつとして、「産後用下着」の着用が挙げられます。産後、特に気になる下腹部に付いた脂肪を解消するために、ウエストをキュッと絞ってくれる「ウエストニッパー」を利用する方も多いようです。

これらのダイエットグッズを使い始めるのも、産後1カ月よりも後にしましょう。遅い分にはいつでも構わないので、産後1カ月以降であれば、気になったときに始めるのがベストでしょう。

◆授乳期に必要なカロリーについて

ダイエットといっても、赤ちゃんに栄養を与えるためには、自分自身も必要な栄養を蓄えておかなければいけません。安易な食事制限ダイエットは、赤ちゃんにも影響を及ぼしかねないので、避けるようにしましょう。

また、授乳中は通常のカロリーよりも、プラス350kcalが必要量だと報告されています。
一般的には1日あたり2200kcal程度のエネルギーが必要となり、母体の摂取カロリーが1500kcal以下になってしまうと、母乳の分泌量が下がってしまうことがあるので注意が必要です。
バランス良くあらゆる栄養素を取り入れることが望ましいですが、特に、炭水化物、たんぱく質、必須アミノ酸、ビタミンK、鉄分は積極的に摂取したほうが良いでしょう。

◆おすすめの体型戻しの運動とは?

子どもを生むと骨盤が緩んだり歪んだりする女性は少なくありません。
しかし、歪んだり緩んだりした骨盤をそのままにしていると、骨盤がずれてできた空間に脂肪がどんどんついてしまいますので、産後体調が落ち着いたらできるだけ早い時期に骨盤を元の状態に戻す必要があります。
産後の体型戻しに効果的な方法のひとつが「骨盤体操」です。
おしりを上げる運動、骨盤を回す運動、おしりで歩く運動など、自宅でできる簡単な骨盤体操を紹介したサイトなどをネットで見ることもできます。思いたったその日から気軽に始められるのも魅力のひとつです。
ただし骨盤矯正ができるのは、子宮が元の状態に戻る産後1〜1カ月半以降からが目安となりますので、注意してください。

◆産後ダイエットの注意点

産後ダイエットで最も注意しなければならないのは、極端な食事制限をしてしまうことです。出産後、すぐに元の体型に戻したいと思っている方も多いかもしれませんが、産後の母体は体力を消耗している状態ですし、赤ちゃんは栄養価の高い母乳を望んでいます。
栄養不足になると母乳も出ない危険がありますし、何よりも体力を消耗している身体がさらに追い詰められ、体調を崩してしまうかもしれません。

産後ダイエットは、運動をしっかりと行い、摂取カロリーも必要最低限を下回らないように注意しましょう。

◆マッサージやリフレクソロジーもおすすめ

毎日が忙しくて時間がないという方や、産後・育児等でストレスを感じている方には、リフレクソロジーもおすすめです。

リフレクソロジーは、キャタピラーウォークと呼ばれる、独特の指の動きで優しく足に圧を加え、血流の流れを改善し、心身の痛みを緩和する施術方法。出産によって崩れてしまった体型への直接的な効果は大きくありませんが、小腸や大腸など栄養の吸収や排泄を司る器官を刺激することで、老廃物が排出されやすくなる効果が期待できます。

また、同時にリンパの流れを改善することで免疫力も高まります。深いリラクゼーションもはかれるため、育児ストレスの軽減にも最適で、子育て中の女性には嬉しいさまざまな効果が期待できるのが特徴です。

リフレクソロジーのコースは、30分、40分、60分、80分、100分と細かく設定されている場合が多く、自分の予定に合わせて選ぶことができるため、忙しくてあまり時間がないという人も、まずは挑戦してみてはいかがでしょうか。



日本リフレクソロジスト養成学院【REFLE】は、補完療法として医療介護の現場でも活かせる英国式リフレクソロジーの専門校。
『リフレクソロジーの学校』で学んでプロのリフレクソロジストを目指しませんか?

REFLEコラム一覧へ戻る