ママ必見!子育てしながらできる在宅の仕事|リフレクソロジースクール・専門学校 日本リフレクソロジスト養成学院REFLE(リフレ)

  • 東京校
  • 大阪校
  • 東京校・大阪校舎 アクセス
  • イベント開催中
  • 公式 Twitter
  • 公式 インスタグラム
  • 公式 Facebook

 REFLEコラム

健康・癒しのお仕事の探し方

ママ必見!子育てしながらできる在宅の仕事

子育てをしながら仕事も続けたいと思ってはいるものの、子供の預け先を探さなくてはいけなかったり、子供と過ごす時間が減ることを考えて躊躇してしまう人は少なくないと思います。そんなときは、在宅で仕事をするという方法も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

ここでは在宅で仕事をするメリットや、仕事の種類などについて説明していきます。

img

◆在宅で働くことのメリット

在宅ワークの最大のメリットは、生活のリズムを変えずに働くことができる点にあります。 就業時間や就業日数など雇用者の定めたルールで働くオフィスワークとは異なり、働く時間や日数、請け負う仕事の量など仕事に関わる大部分を自分で決めることができます。子供がお昼寝をしている間や、一人遊びをしている時に仕事をするなど、子育てをしながら上手に仕事をする事も可能です。

また、その他のメリットとしては通勤時間が不要なこと、人間関係の煩わしさからくるストレスが会社勤めに比べて少ないことなどが挙げられます。もし、夫の転勤による引越しなどが必要になっても、在宅ワークであれば仕事を続ける事が容易である点もメリットです。

◆在宅で働くことのデメリット

在宅ワークは子育ての時間が作りやすいなど、仕事に関わる大部分を自分で決められることが魅力ですが、きちんとした自己管理が出来ないと、依頼された仕事がなかなか進まないといった問題も起きてしまいます。

さらに在宅ワークの場合は、仕事に関する全ての責任を負うことになりますので、仕事の確保から納期の管理、請求などの雑務まで全て自分で行わなくてはなりません。こういった雑務を第三者に依頼する事もできますが、その場合には賃金の支払いが発生します。仕事の内容も、仕事をする時間も自分で決められる自由さを得るということは、常に責任と引き換えである事を理解しておきましょう。

◆在宅ワークの種類

在宅ワークといっても、プログラミングのような専門技術を活かしたものから、リラクゼーションサービスの自宅サロンを開業するものまで、その種類は実に多様です。

テープ起こし、テキスト入力、ホームページ制作、イラストレーター、リライト業務などといった仕事がありますが、豊富な経験と能力を必要とする仕事も多くありますので、誰でもできるというものではありません。

そこで、子育てをしながら働きたいと考える女性におすすめしたいのが、リラクゼーションの仕事です。子育てをしながら自宅でサロンを開業しているという方も珍しくはありません。

中でもリフレクソロジーサロンは、開業資金が抑えられることや、体力的負担が比較的少ないのでおすすめです。リフレクソロジーサロンの開業には特別な資格は必要ありませんが、お客様の体に直接触れて施術を行いますので、きちんとした知識と技術が必要です。

プロとして安全に施術が提供できるようによく学習内容を確認して学校を選び、学ぶことが重要です。

REFLEコラム一覧へ戻る