リフレクソロジー開業の準備と心構え|リフレクソロジースクール・専門学校 日本リフレクソロジスト養成学院REFLE(リフレ)

  • 東京校
  • 大阪校
  • 東京校・大阪校舎 アクセス
  • イベント開催中
  • 公式 Facebook
  • 公式 Facebook

 REFLEコラム

人の役に立つ仕事を知ろう

リフレクソロジー開業の準備と心構え

自宅で開業可能で、大きな資金や資格も必要ないといったこともあり、リフレクソロジーの開業へのハードルは比較的低く、これまで他業種で働いていた方も短期間での独立が目指せます。それでは、リフレクソロジーの開業に必要な要素を順番に見ていきましょう。

img

◆リフレクソロジーの開業に必要なスキルや学び方

まず、リフレクソロジーの開業にあたって、特別な資格は不要です。
しかし、サロンで働くならまだしも、開業となれば相応のテクニックと知識を磨いておかなければいけません。自分が提供したいと思っている形式や思想を持ったサロンでの実務経験や、スクールでの学習経験が必要になります。

開業に必要な国家資格などはありませんが、例えば日本ヒーリングリラクセーション協会(JHRS)が認定するリフレクソロジー・プロライセンス実技士資格に合格することもひとつの目標にできます。

また、開業して軌道に乗せるためには、リフレクソロジーの技術だけでなく、利益を上げるためのビジネスセンスも必要になってきます。リフレクソロジーに限らない独立開業に関する書籍をたくさん読む、セミナーに参加するといった努力で身に付けましょう。

◆開業前の心構え

リフレクソロジーを開業し、成功するためには準備期間が大変重要です。知識を得ただけでは失敗する可能性は高いですし、いざ開業してみて困ってしまうことも多々あるでしょう。失敗しないためにも、自分が目指す形式のサロンで実務を重ねながら、独り立ちできるようなノウハウをしっかりと磨いていきましょう。
実務を重ねる中で、机上で勉強している時には浮かばなかったようなアイディアが浮かんだり、開業までにクリアしておきたい課題が出てきたりするはずです。
また、経験談としてよく上げられているのが、お客様の「水虫」についての対応もしっかりできるようにしておくということです。リフレクソロジーのお客様で水虫の方はそう多くありませんが、男性に限らず、女性でも自覚症状がない方もいらっしゃいます。主に足に触れる仕事であり、ナイーブな問題だからこそ、対応の仕方によりお客様との信頼関係が左右されるかもしれません。

◆開業のメリットとリスク

リフレクソロジーで開業する大きなメリットは、開業コストがそれほど必要ないということでしょう。
エステサロンでは、必要最低限の設備でも30万円以上、メニューによって100万円を超える開業コストがかかる場合が多いですが、機器や薬剤を使用しないリフレクソロジーの場合はそれほどかかりません。自宅でサロンを開業した場合、ベッド、タオル、テーブルや椅子などを含め、10~20万円程度で準備できます。
また、首都圏や地方都市以外でも需要が高いというのも大きなメリットでしょう。若年層から高齢者層まで広く需要があるため、地方での開業も成功する可能性は非常に高いです。

しかし、リスクも知っておかなければなりません。
現状のリスクとしては、同業者が多いことがあげられます。開業にそれほどコストも手間がかからないことから、新規参入者が増加しているのです。開業する前から顧客をつけておく、宣伝に力を入れる、他にはないサービスを取り入れるなどして、差別化を図りましょう。

◆リフレクソロジーの開業に必要な手続きは?

個人事業主として開業するのであれば、法的に必要なのは開業届けを税務署に提出するくらいです。開業届けは、開業の1カ月以内に提出します。
開業届けを出さないままになっている方も多いかもしれませんが、社会への信用もありますし、今後への決意も込めて、忘れずに提出しておくべきです。

絶対必要というわけではありませんが、手続きをしておいた方が良いのが「青色申告承認申請書」です。フリーランスになると一年の所得を税務署に申告しなければなりませんが、「青色申告」は「白色申告」に比べると経費と認められる額が増え、所得金額から控除される金額も増えるというメリットがあります。
青色申告承認申請書は、開業後2ヶ月以内に税務署へ提出しましょう。提出をしないと、自動的に白色申告となります。

また、青色白色問わず、税務署に個人事業を始めたことを届け出ることが必要です。そのための書類が「個人事業開始申告書」です。ただし、届け出をしなかったとしても、確定申告をすることで自動的に個人事業税は課税されます。
実際には「青色申告承認申請書」と一緒に提出することが一般的です。
どちらも国税庁のホームページで詳細を確認しておくと良いでしょう。

◆開業の準備や立地、かかる費用について

開業形態としては、自宅か出張かという選択肢が、初めての方にとっては現実的かと思います。お店を構えると500万円は必要になるだろう外装や内装費用が抑えられます。

ただ自宅で行う場合も、ベッドの用意を始め、内装には費用がかかります。癒しを求めているお客様に対して、殺風景な部屋で施術を行うことは避けたいものです。雰囲気のあるインテリア、落ち着いた間接照明なども取り入れることになるでしょう。

立地については、駅近、繁華街にあるのが理想ですが、当然賃料も高く、採算をとるのも難しくなります。近辺居住者の年齢層や職業、交通量、競合店の有無など多角的な面から判断しましょう。自宅での開業の方が楽だからと立地を無視してしまうと、閑古鳥が鳴いて後で痛い目に合う可能性もあります。

◆リフレクソロジーの集客方法について

ただ開業しただけでは、お客様はやってきません。開業までに最低限やっておきたいのは、チラシの作成と専用サイトの開設です。
オープンしたての頃にきちんとチラシを配布し、少なくとも周辺住民には存在をアピールしておく必要があるでしょう。
また、今はネットでサロンを探すのが当たり前の時代です。店舗を通りで見かけたとしても、ふらっとは入らず、まずサイトを見てみてからという方も多いものです。「住所」「地図」「営業時間」「料金」「コース説明」「施術者紹介」「内観写真」「店舗の紹介文」などは最低用意し、ネットからの予約や問い合わせも受け付けておくようにしましょう。

開業自体は意気込みさえあれば、意外と簡単にできてしまうもの。しかし技術が伴っていなければ常連客はできません。リフレクソロジー専門のスクールなどでしっかりと学習し、準備を整えた上で開業に乗り出しましょう。

REFLEコラム一覧へ戻る