Q&A|リフレクソロジースクール日本リフレクソロジスト養成学院【REFLE】

  • 東京校
  • 大阪校
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • アクセス

よくあるご質問

学習全般について

q1
全くの未経験ですが、身につけられますか?

問題ありません。当学院REFLE(リフレ)で学ぶ方々は99%がリフレクソロジー未経験者ですが、みなさん楽しく学びながら技術と知識を修得していますのでご安心ください。

q2
リフレクソロジーの学校はほかにもありますが、違いは何ですか?

一番の違いは技術です。リフレクソロジーと言いながら、フットマッサージや足もみだけを教えている学校も乱立しています。それに対して当学院で学べるのは、英国の第一人者ルネ・ターナー女史が、30年以上に渡って蓄積した施術データに基づく、信頼ある確かな技術と知識。1998年の開校以来、リフレクソロジー専門校としてきめ細やかな教育を展開しているのが、日本リフレクソロジスト養成学院【REFLEリフレ】です。

q3
リフレクソロジーだけでは、仕事にならないと聞いたのですが本当ですか?

当学院の直営サロンは“リフレクソロジーだけ”のメニューで、百貨店を中心に展開し、多くのお客様に長きに渡ってご愛顧いただいております。それだけでも、「リフレクソロジーだけで仕事にならない」という事実はないことがお分かりになるでしょう。もちろん、きちんとしたリフレクソロジーを身につけていなければ、お客様から評価いただくことができませんので、それだけでやっていくことができないでしょう。
もし、「リフレクソロジーだけだと仕事にならないので、ほかの技術も同時に学ぶべきだ」と勧めるようなスクールならば、そこで学べる技術はリフレクソロジーではなく、単なる足もみ(子どもでも足をもむことはできますね)の可能性が高いです。高い受講料を支払ってまで学ぶ必要はないでしょう。

q4
リフレクソロジストを目指すにあたって、向き・不向きはありますか?

特にありません。よく、手が小さい、握力がない、体力に自信がないなどのご質問を受けますが、どれも技術や経験で乗り越えることができます。一つあるとすれば「人に何かをしてあげたい、喜んでもらいたい」という気持ちを持っていることが大切でしょう。

q5
どんな人が受講していますか?50歳代からでも学べますか?

REFLE(リフレ)の生徒さんは、高校卒業してすぐの10代の方から60歳代の方までと年齢層が幅広く、現在の職業も会社員、主婦、学生、看護師、介護士、美容師、飲食業など、本当にさまざまです。仕事や家事と両立しながら、学んでいる方も多いです。

q6
男性も学ぶことができますか?

もちろん大丈夫です。リフレクソロジストを一生の仕事として考える方や、リタイア後に活用することを考えて学ぶ方など、男性の受講生も増えています。

q7
授業は何名くらいで受講しますか?

曜日やコースによっても異なります。最大で40名が定員です。生徒さんの人数が多くなれば、クラスで指導するインストラクターの人数も増えますので、質問がしにくい、練習を見てもらえない、といった問題はありません。どのクラスでも同じように学べますので、一番都合の良いクラスで受講してください。

q8
受講料以外に費用はかかりますか?

受講料の中には、入学金も教材費も含まれています。リフレクソロジーコースだけで学ぶ場合には、それ以外特に必要ありません。
ただし、下記の場合は、それぞれ別途料金が必要です。

【1】 チケット制のブラッシュアップ講座やヘッドリフレケア等の「&コース」を選択受講した場合 ブラッシュアップ講座1時間(税別1,000円)など、受講内容に応じた受講料
【2】 直営サロンでの勤務を希望する場合 10時間の特別講座(税別10,000円)
【3】 学院主催の介護施設ボランティアに参加する場合 6時間の特別講座(税別6,000円)
q9
急な用事などで講義を欠席した場合はどうなりますか?

振替受講制度がありますので、仕事や家のことと両立しながら学んでください。

q10
宿題などは出されるのでしょうか?

授業で習った所までを、放課後や自宅で練習して記録を取る課題があります。リフレクソロジーは、手を動かして実際に人の足へ施術することによる技術の積み重ねがとても大切ですので、この課題は実力をつけるのに必須です。少しずつ継続してがんばりましょう!

q11
2.5ヵ月、5ヵ月コースの国内資格取得と、1年コースの英国資格取得の違いは何ですか?

英国資格取得コースは、前半で2.5ヵ月、5ヵ月コースと同様に国内資格を取得し、その後カリキュラムの後半で、英国資格取得向けの学習をします。英国ではリフレクソロジストが医療現場で活躍する機会が非常に多いこともあって、医療や病気に関わる知識が必要とされます。そのため、後半の学習は、国内資格のときよりも解剖生理学や病気に関する知識を修得するカリキュラムが増えます。将来、医療現場での活用や独立開業などを目指す方などに特におすすめのコースです。

q12
リフレクソロジーのボランティアに参加できますか?

卒業間近の技術が仕上がってきた時期に、介護施設でのボランティア活動に参加できる機会を設けています。希望者には、無料のセミナーで「高齢者向けの対応」について学んでから参加していただくことができますので、高齢者の対応が初めての方でも安心です。また、卒業後には介護施設だけでなく、ホスピス・緩和ケア病棟での活動にご参加いただくことも可能です。ホスピスでの活動の場合も、セミナー(無料)で事前教育を受けてからの活動となりますので、スムーズに始められます。

q13
ボランティアに使うだけなので、もっと簡単に短期間で学ぶコースはありませんか?

ボランティアといえども、人の体に触れ影響を与えるのですから、いい加減なもので良いということはありません。体の流れ全体を整えるのがリフレクソロジーですから、その基本を知り身につけるだけでも、ある一定の期間は必要です。REFLE(リフレ)では、週2回の2.5ヵ月コースが最短ですが、練習時間などを考えると最低限必要な期間といえます。

q14
大学とのダブルスクールで学べますか?

はい、大丈夫です。これまでもダブルスクールで学習し、大学などを卒業すると同時にリフレクソロジストとしてデビューする卒業生もおられました。就職が厳しい時代ですから、手に職をつけて、確実な就職を手に入れてください。

q15
資格認定試験はどんな内容ですか?難しくないですか?

実技試験と筆記試験があります。難しくて、半分も受からないということはないので、ご安心ください。しかしながら、受けた人は誰でも合格というものではなく、きちんと技能をはかる試験ですから、試験に向けて準備は必要です。そのために、インストラクターの先生がしっかり指導しますので、ご安心ください。

q16
資格認定試験で不合格だったらどうなるのですか?

もしも不合格になってしまった場合でも、追試験を受けることができます。その間、補習授業を受けられるほか、教室を利用して練習量を増やすこともできますので、最初の試験が不合格だった方もしっかり準備をすることができます。恐れることなくチャレンジしてください。

q17
卒業後もスキルアップできるような機会はありますか?

人の体と心を癒しケアするリフレクソロジストにとって、学び続けスキルアップすることはとても大切です。そのため、REFLE(リフレ)では、リフレクソロジー技能だけでなく、体のしくみや病気などについてなど、さまざまな分野について学ぶ機会を提供しています。特に、年5~6回開催される各種セミナーは、卒業生はもちろん、一般の方もご参加いただけるような充実した内容となっており、毎回好評を博しています。

就職について

q1
就職サポートはありますか?

日本リフレクソロジスト養成学院【REFLEリフレ】では、就職専任講師による完全個別サポートで、希望の実現をサポートします。在学中だけでなく、卒業後何年経っても、就職や開業のフォローを受けられるのも、REFLE(リフレ)ならではです。

q2
就職先はどんな所がありますか?

百貨店を中心に展開している直営サロンはもとより、当学院が立ち上げに全面協力した一部上場企業のサロンなどのリフレクソロジー専門サロンを中心に、クリニック、整体院、ホテル、デイケアセンターなどさまざまな施設から求人をいただいています。専任講師による完全個別就職サポートで、希望の働き方を実現させてください。

q3
直営サロンへの就職を希望しています。難しいですか?

直営サロンは、就職先の中でも一番人気ではあります。しかしながら、就職に対しては生徒のみなさんがさまざまな条件をお持ちですので、必ずしも直営サロンだけに集中するということではありません。希望の就職を手に入れるには、技術と接客能力を磨くことが重要です。

q4
就職以外の活かし方はありますか?

REFLE(リフレ)で学ぶ方々の中には、就職だけでなく、自宅サロンのオープンを目指す方もいらっしゃいます。仕事ではなく、ボランティア活動やご家族・ご自身の健康維持のために学ぶ方も少なくありません。また、看護・介護従事者の方が、現在の仕事のスキルアップとして学ぶケースも増えています。

q5
自宅サロン開業は可能ですか?

はい。これまでにも、多くの方が卒業後に自宅で開業されています。

q6
子どもが小さいため、時間制限のある働き方はできますか?

直営サロンの場合、登録スタッフという働き方が可能です。希望条件で登録して、それに見合う勤務をする制度で、土日どちらか週1回から勤務を希望することができます。ご家庭をお持ちの方には、とても働きやすい制度として利用されています。

通信コースについて

q1
通学コースと通信コースの違いは何ですか?

通学コースは、インストラクターの先生から手取り足取りていねいに指導を受けられますが、指導通信の場合は、自宅で教材を用いての学習が中心になりますので、通学コースよりも時間をかけながら、少しずつ修得していく必要があります。通信コースの場合は、集中スクーリングとオープンデー(自由練習日)などを活用しながら、時間をかけて確実に修得していきます。資格取得後の活用方法や卒業生のフォローについては、通学も通信も変わることはありません。

q2
通信講座を卒業しても、通学コースト同じように就職できますか?

もちろん大丈夫です。REFLE(リフレ)で学んで取得する、JHRS(日本ヒーリングリラクセーション協会)認定のリフレクソロジープロライセンス実技士資格は、高い技能を持ったリフレクソロジーのプロ技術者である証明。通信・通学問わず、活かしていただけます。

q3
通信のスクーリングはいつ開催されますか?

スクーリングは3日間ずつ2回参加する必要があります。開催月は下記です。

【東京校】
1回目(プレライセンス・スクーリング) 5月 11月
2回目(ライセンス・スクーリング) 3月 9月
【大阪校】
1回目(プレライセンス・スクーリング) 1月 7月
2回目(ライセンス・スクーリング) 3月 9月
q4
通信コースの場合、一日に何時間くらい勉強すればいいのですか?

どれくらいの期間で卒業したいかによって異なりますが、1時間程度を目指してください。

q5
資格取得までに、どれくらい時間がかかりますか?

通信コースの標準学習期間は1年。早い方でも10ヵ月程度はかけて学ばれています。