リフレクソロジースクール日本リフレクソロジスト養成学院【REFLE】

  • 東京校
  • 大阪校
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • アクセス

受講生の声

スクール選びのポイントが見えてくる!RELFE受講生の声

10代~60代まで年代も生活環境も様々な生徒が学んでいるREFLE(リフレ)。
受講生が語るREFLEを選んだ決め手はスクール選択の参考になるはずです。

  • 学ぶ内容すべてが新鮮!リフレクソロジーをもっと知りたくなる
  • 自分のペースで学べる!人に優しい手技を身につけたい
  • 自分が癒された経験を今度は提供できる人になりたい

リフレクソロジーって面白い!

  • 手技の奥深さを痛感!リフレクソロジーがさらに面白くなった
  • 英国カリキュラムで深めた補完療法であるリフレクソロジーが学べる
  • REFLEでなら望む形が実現できると思った

学ぶ内容すべてが新鮮!もっとリフレクソロジーを知りたくなる

学院選択の決め手は、
学院説明会の体験レッスンが楽しかったことと、
リフレクソロジーを追及して深く学べそうだと感じたこと。
“ここなら親身になって、
確かなリフレクソロジーを教えてくれる!”と実感したんです。

以前から、癒しやリラクセーションに関心があってリフレクソロジーを学んでみたいと思っていましたが、フルタイムの仕事で忙しく両立する自信がなかったので、足踏みしていました。

結婚を機に仕事を辞めたので、「学ぶなら今しかない」と思いリフレに入学。

リフレクソロジーのテクニックはもちろんですが、体のしくみや各器官のつながり等、学ぶことすべてが新鮮。聞きなれない言葉があったりして、覚えるのが大変な面もありますが、とても楽しいです。幅広い年代のクラスメートと、同じ目的にむかってみんなで頑張っている感じもすごく好き!練習台になってくれている家族からコース紹介はこちらも「気持ちいいね~」と感謝されて嬉しいです。

「JHRSプロ養成コース / 週2日2.5ヵ月クラス」の紹介はこちら
上原綾香さん

自分のペースで学べる!人に優しい手技を身につけたい

アルバイトと両立しながら学びたかったので、
自分でスケジュールが組める自由選択クラスはぴったりでした。
先生と1対1なので、
落ち着いて学べるのも自分の性格にあっているかもしれません。

手に職を持って人と関わっていける仕事につきたいと考えている時に、リフレクソロジーという存在を知りました。祖母と一緒に暮らしていたこともあり、誰かを手助けしたいという気持ちが自然と大きかったことや、痛みもなく色々な方に喜んでもらえるリフレクソロジーの手技が合っているんじゃないかと感じたことがきっかけになりました。

アルバイトと両立しながら学びたかったので、自分でスケジュールが組める自由選択クラスはぴったりでした。先生と1対1なので、落ち着いて学べるのも自分の性格にあっているかもしれません。技術は思っていた以上に奥が深くて、指の間など細かい部分まで施術するなどとても繊細!単純に押すのではなく、しっかり理論に基づいているのにも驚きました。

資格取得後は、サロンへ就職して『自分の施術を受けたい』といって下さる方を、たくさん作れるように頑張りたいです。

「JHRSプロ養成コース / マンツーマン自由選択クラス」の紹介はこちら
佐々木孝成さん

自分が癒された経験を今度は提供できる人になりたい

人を癒す仕事に就きたいと考えた時、
いつも疲れた自分を一番心地よくリラックスさせてくれるのが
リフレクソロジーだと気づきました。

どうせ学ぶなら、信頼ある確かな技術が習得できるスクールが良かったので、REFLEを選択。仕事や家事と両立しながらの学習になるので、できるだけ自分のペースで学べるコースが良いと、フリータイムクラスで受講することにしました。

体への触れ方や声をかけるタイミング等、以前の介護職の経験もリフレクソロジーをする上ではとても役に立っていると感じます。

資格取得後は、直営サロンへの転職も視野に入れていると同時に、学院ならではの活動として長く続けられているホスピスボランティアへも参加してみたいと思っています。

「JHRSプロ養成コース / フリータイムクラス(大阪校のみ)」の紹介はこちら
丸山友美さん

英国カリキュラムで深められた補完療法であるリフレクソロジーが学べる

自分が病気をした際に、
医療には心のサポートが必要だと実感した経験から
“心に寄り添える”仕事につきたいと考えました。

そんな時、補完療法のリフレクソロジーが学べる学院REFLEと出会い「これだ!」と受講を決意。医療現場でもしっかり根付いている英国のカリキュラムが学べることも決め手になりました。

解剖生理学や疾患についての学習は、決して簡単ではありませんでしたが、得られた知識が精神的な自信となって、サロン勤務を通して出会うお客様の対応に活かせているのも事実です。一緒に学びリフレクソロジーの深さを共有したクラスメート達との出会いは、一緒の宝。卒業後も連絡を取り合ったりしています。

また、在学中も卒業後も、学ぶ意欲にさまざまな場を提供して応えてくれる学院にも、とても感謝すると同時にREFLEを選んで良かったと思います。

「英国資格取得コース / 週1日1年クラス」の紹介はこちら
谷中陽子さん

REFLEでなら望む形が実現できると思った

阪神淡路大震災の体験から、
ボランティアにはずっと関心を持っていました。
花屋という職業を活かした活動も考えましたが、
もっと早い段階で被災者の側に寄り添えるものを探していて
出会ったのがリフレクソロジーでした。

REFLEを選んだのは、学院説明会での印象が良かった点と、1回きりでなくボランティア活動を15年以上続けている学院だから。

授業が始まってみると、リフレクソロジーは予想していたよりも奥が深く、資格取得迄は、まだまだこれからといった感じです。でも、練習台になってくれる人が「気持ちいいね」と言ってくれるのが、とても嬉しく、もっと上手くなりたいという気持ちを後押ししてくれています。

年代も様々なクラスメートは、明るく優しい人ばかり。先生もわかりやすく丁寧に教えてくれ、授業に参加するのが楽しいです。REFLEを選んで良かったと思います。

「JHRSプロ養成コース / 週1日5ヵ月クラス」の紹介はこちら
野中咲子さん

手技の奥深さを痛感!さらにリフレクソロジーが面白くなった

亡くなった母が入院中、
パンパンにむくんだ足をずっとさすることしかできず
「もっと何かできる知識や技術があったらな」という思いが、
リフレクソロジーを学ぶきっかけの一つになりました。

通学には2時間以上かかり、フルタイムの仕事もしているので、通信で学ぶことを決めて、いくつかの学校から資料を取り寄せました。中には、受講料が安くて簡単そうなものもありましたが“私が学びたいのはそんなものじゃないのでは?”と感じ、きちんとした技術を修得できそうなREFLEを選択。

教材で学ぶだけでなく、スクーリングで実際に講師からていねいに指導を受けることができて初めて、リフレクソロジーが足ツボや力による手技とは異なるという事が実感できました。スクーリングに参加してようやくスタートラインに立った気がします。これから認定試験に向けて頑張りたいと思います。

「JHRSプロ養成コース / 通信コース」の紹介はこちら
石塚奈穂美さん